12月 01

先月はiPod touch買った分がでかいな。
12月は自重自重。
 

今日は月曜なのでスピリッツ発売日。さっそく買ってきた。
在社時代の通勤時のお供から、フリーになったいまでも
唯一買ってる漫画雑誌だけど日本沈没はいよいよ来週で終わるのかな?
 
ところどころに、エヴァ臭振りまいた演出だったり
展開をしていたのはわかってはいたけど
今週のは、ちょっとやり過ぎでは(笑
どこぞの解説ではあれは父と子と精霊というキリスト教の
三位一体をネタにもじった名前ということだったけど。
沈没じゃあ父がいないよ父が。
もしかして死んだ結城がその役なのかな?
途中で脱落して最後にいないから
そうだとしても分かりづらいが。

内容の方向もいまのところ同じエヴァ的な終着点なんだけど
過程がまるで違う、独自の解を組み上げたのはよかったな。
日本沈没は破る方向に行ったようだ。
こっちの攻め方のほうがポジティブで
一般的には受け入れられやすいんだろうな。
 
 
パクるならこうやって消化して自分なりの
再構築ができる人以外やっちゃだめだな。
エヴァがいろんなそれまでの作品のパクリと言われ、
自分を周回遅れでトップに見えているだけと言い
けど、真心籠めてパクってると言っているように
庵野監督自身もそういう人だったんだろう。

結局、作品って、その人を突き動かしている何かを
見せてもらえるところに価値があるわけなんだから。
たとえ着ているものがつぎはぎだらけのパッチワークでも
衣服を着るのは、必要最低限な社会常識であって
伝えたいことそのものではないわけだから
やっぱり何を話してくれるかが重要だ。

いや、いろいろと納得。
文章定期的に起こすと自分の中で整頓できるのがいい。
たまに、はき出すだけはき出して終わる無収穫なときもあるけど。

Comments are closed.