8月 17

出すんか。
http://www.cocco.co.jp/contents/index.html

iTMSをtouchからつらつら見てたら
アルバムランキングのトップに入っていた。
もう売ってるのか!と思ってamazon見たら9/16発売。
何かはしご外された、とまではいかないけどずらされた気分。
山下達郎の新曲も先行配信されてるないま。CDは明後日。

 
最近、CD売れないせいか配信が優遇されてるな。
マーケット的にも配信のが大きくなったんだろうか。
それともブックレットとかCD刷る必要ないから早く提供できてるだけなのか。
今年から?展開してるiTMSのplus楽曲。
とあるアーティスト(LittleGlitches)の曲が上記の流れで先行配信されていて
早めに欲しかったのでiTMSでplus楽曲として購入。
後から同じやつのCDも買って両者を聴き比べたんだけど全然違う。
iTMSで購入したほうは低音がブーミーになって濁ってる。分離が悪い。

圧縮されてんだからしょうがないじゃん!と言われそうだけど
それにしたって経験的に256kbpsにしては濁りすぎっていうか…。

CDから同じ曲をNeroAACで192kbpsにエンコードしたものと聴き比べたけど
これでも明らかにiTMS楽曲のほうが劣っている。
これiPodと4000円の安いイヤフォンでも聴いてわかる差。

iTMSはまず使わないのでほかの曲聴き比べはできないんだけど、
どこでエンコード処理してiTMSで配信されるのか。
レコード会社側でやってappleに投げてるなら下手したら
レコード会社ごとに音質差があるかもしれないがまずそんなこと考えづらいしなぁ。
それにしたってapple側が各々のレコード会社に同じエンコーダー渡してるはずだ。
エンコード前のマスターデータが違った可能性も考えられるが
劣化の方向からしてありえないし。iTMSのほうが音質いいなら分かるけど。

 
 
iPodこんだけ流行ってるから勘違いしそうだけど、
appleは音楽技術屋じゃないから仕方ないといえば仕方ないのかも。
いい曲は音質や再生ハードの差なんて超えたものがあるんだろうから
世間的にはほとんど問題にはならないんだろうけど。
なんていうかね。個人的にはCD極力買っていきたいもんです。

上記のテストおよび普段から使ってるNero AAC Codecリンク
http://www.nero.com/jpn/downloads-nerodigital-nero-aac-codec.php

Comments are closed.