8月 27
Mp3tag

Mp3tag

iPod touch向けの楽曲の自動音量調整にはfoobar2000で
replaygain計算させた後Mp3tagでiTunNORMタグに変換がベストです。

 
foobar2000のreplaygainをiTunNORMに変換するには、Mp3tagをインスコして変換->アクションのウインドウ開いて新規作成。まず1つ目のアクションを作成して「値をフォーマット」を選択し「フィールド」に COMMENT ITUNNORM を「フォーマット文字列」に次のスクリプトを記述。※便宜上複数行表示になってるけど1行で記述する

$if($eql(%_extension%,mp3),$if(%replaygain_album_gain%,
$rg2sc(%replaygain_album_gain%),$if(%replaygain_track_gain%,
$rg2sc(%replaygain_track_gain%),)),)

2つめのアクションを作成して、同様に「値をフォーマット」を選択
「フィールド」に ITUNNORM そして「フォーマット文字列に」次のスクリプトを記述。

$if(%replaygain_album_gain%,$rg2sc(%replaygain_album_gain%),
$if(%replaygain_track_gain%,$rg2sc(%replaygain_track_gain%),))

これで、mp3とaacで問題なくreplaygainをiTunesの
サウンドチェックタグ(ITUNNORM)に変換できる。
mp3tagではITUNNORMタグがなければ書き込んでくれるので
iVolumeみたいに一旦iTunes上でサウンドチェックさせる必要もない。

これはアルバムゲインを優先して書き込む形になる。
そしてアルバムゲインがなければトラックゲインを書き込む。
なので、楽曲ごとに優先したいほうのreplaygainをfoobar2000上で
計算させておけば選択的にどちらを適用したいか決められます。
当然、両方つけてるとアルバムゲインが優先して書き込まれます。

シングル曲やオムニバス、V.Aなどはトラックゲインで。
アルバム丸ごと入れる場合はアルバムゲインと使い分けられる。

 
 
しかしiTunesで音楽普段聴かないから再生カウントが育たないな。
iPod touchから聴く機会もそう多くないし。
近所の河川敷とかちょろっと散歩行く時くらいで。

Comments are closed.