9月 15

月曜夜というと、だいたい伊集院光のラジオ聴いてるんだけど
その中で伊集院が、AV家電選ぶときに黒デザインを買うのはどうも
何かダサいと思って避けてしまうみたいなことを言っていた。

かなり同意。

オーディオ製品とかAV家電はほんと黒ボディが好まれるけど
自分もあんまりカッコイイと思わないんだよなぁ。
何か単純すぎるというか。黒=カッコイイ=当たり前というか。
カッコイイが当たり前になるとカッコよくなくなるというか。
黒ならみんなカッコイイと思うと思うなよ!というか。
黒を単調に感じさせずうまく使うのは一番難しいぞ!というか。

 
で、伊集院は赤配色のものよく買うそうだ。
そして最近よく見るブラウンものも黒同様駄目だなぁとかいっていた。
が、これには賛同せず、自分は結構ブラウンものが好きだったりする。
デジカメとかにも最近見るカラーだけど。
流行廃りの競争関係なく落ち着いてるカラーでいい。

もともとアースカラー好きで服もそっち系が多いんだけど。
性格というか性癖だなこれは。でもPantoneの単純な
カラフルカラーも製品として似合ってたら好きだ。携帯とか。
結局、似合ってればいいんだな。
黒も同じで、何も考えず黒を選びましたみたいなのが
見え透いてしまうと嫌いなのかもしれない。

 
 
 
話は変わるけど、木村カエラのButterfly強いなぁ。
iTunesに出始め1位で売れ続けて一回トップ10外れたのにまた戻ってきて定着してる。
ちょっと曲固くて、すぐ飽きそうな気がしてるけどCD借りてみようかすら。

Comments are closed.