10月 22

メガテンSJまだ2周目に入れない。
魔人がコンプできない。全然出てこない。

そんなこんなで別のことしようと、予定していた仕込みを半分完了した。
プレイしてる人向けに呼び出しパスワードおいときます。
チャイナドレスにエメラルド・グリーンの瞳がキュートなあの子です。
Lv58でコストは13万とか14万マッカくらいだったはず。
バランスブレーカーなので攻略に使ったらおもしろくなくなります。
────────────────
AうわすNあえあろもおBBめLち
きNPいよつはKはNかあETろお
────────────────

 
 
以下、ストーリー総括。ネタバレ注意。

今回の物語全体を眺めると2001年宇宙への旅の終わり、3001年終局への旅(小説)だな。
アーサーはHAL9000だし。ゴアはモノリスに取り込まれたデイビット・ボーマンだ。

シュバルツ・バースを核打ち込んで壊そうとするのはスター・チャイルドに
脅威を感じた人間が核打ち込んでぶっ壊そうとするのと似ているし。
人類がその好奇心と欲求を満たすために、誤った方向に行きだしたから
モノリスおよびその上位存在が人類を滅ぼすことを決定するという大枠も似ている。

しかし、そこを人間の側に立って救うのが、モノリスに取り込まれたことで
上位存在へのアクセス権を手に入れたデイビット・ボーマンのわずかに残った人格。
つまりは、それは女神に取り込まれながら人間としての人格を取り戻したゴアだ。

かつて初期宗教では豊饒神として女神・大地母神は人類の信仰対象だった。
しかしユダヤ・キリスト教が広がると同時に父性神に信仰対象は取って代わられ
女神は異教の神として悪魔化された。その歴史受けた上で、その自然の象徴である
女神たちが、自分たち(自然)を忘れ蝕む人類を駆逐しようとシュバルツバース
とともに現れたというのが今回の話だな。
モノリス勢はメガテン的にいえば究極のLaw的な存在で、
今回Caosを象徴する女神たちとは真逆の違いがあるけど。

そういう実際の現実の神話・人類史の背景をうけて
真・女神転生の世界は成り立ってるからおもしろい。
今回、女神が荒々しい存在なのはまさに自然の荒々しさの象徴だな。

 
ということで、話をアーサー・C・クラークに戻すと
これは2周目の主人公の名前はフランク・プールで決まりだ。
でも、2周目はLルートでいこうと思ってるからちょっと微妙…(。-_-。)
今回、最後にNやるのが一番ベストなルートだったなぁ。
解禁悪魔もLとCに集中してるし。

どうなるのか!?

どうなるのか!?

ジハードに変化した

ジハードに変化した

地霊カハク

地霊カハク

※キャプチャ時期がばらけてるのでLvに違いあり

Comments are closed.