1月 17
Top One - KS20

Top One - KS20

タイヤ径20インチの安い折畳式ミニサイクルを購入した。
写真にパンツとか見えてるけどまー気にせず。
誰だって履くでしょパンツくらい。人間だもの。

 
Top One KS20
http://www.topone.co.jp/product/ks20/spec.html

このホワイトをamazonで購入。
配色がポップでお眼鏡に適うデザインだった。
ちなみに、ボディフレームについてる各々のデザインらしきところは
塗りではなくシールになってるので全部剥がせる。
剥がすとより一層キュールなチャリになった。

ただ、安い1万3000円くらいで買える
中国産チャリなのでいまにもフレームが錆びそう。
ということで、下調べして好印象だったRESPOというメーカーの
あらゆる自転車の部位に有効な万能防錆スプレーを探しに
試運転もかねて、近場5km半径の自転車屋とホームセンターへ。

RESPO 防錆スプレー
http://www.diatechproducts.com/respo/bousei.html

 
んが、自転車屋3件、ホームセンター2件回ったけどどこにも置いてない。
そもそも、ギアとかにつかえる潤滑系スプレーはあれど防錆がまずない。
3件のうち一番大きめの自転車屋のおっちゃんに至っては、

俺「ぼうせい(防錆)スプレーありますかー」
親父「防水?防水はないなー(笑)」
俺「…いや、防水でなくて防錆、錆止めスプレーありますか…」

・・・。
初めからネットで注文しとけばよかった。
もうこういう置いてあるかないか微妙なものは
どんなものであれ、対面販売店で買うのは金輪際やめた。
服すら欲しい物探すの面倒だからネットで買ってるくらいだ。

この身を切る寒風が吹きすさぶ中、昼間でも日陰の
水たまりがガッチガチに凍る中、1時間30分近くうろちょろしたのに。
試運転だけなら週明け気温が上がってからでもよかった。

帰って来てから速攻、楽天の最安値店でRESPOを注文。
こたつぬくぬくネットショッピング最強伝説。
ついでに黒烏龍茶1ケースと本も注文した。
もう誰も私を止められない。
クレジットカード会社以外は。

 
 
愚痴りつつも、一応試運転くらいには
なったので乗り心地をレビュー。

・組み立ては楽。
・折り畳み式だけど16kgもあるので重たい。
・タイヤ径が小さくこぐ回数も増えるので当然足への負荷は高い。
・6段ギアのうちまともに使えるのは4~6くらいまで。
 1~3はギャグ?ってくらい進まない。坂でもたぶん役に立たない。
 きつめの坂ではきっと歩いて押したほうが楽な上、早い。
・サドルが若干固めで1時間も乗ってるとケツ痛い。
・サスペンションは結構ちゃんとショック吸収してくれる。
・タイヤ径が小さいのでハンドリングがシビアになり不安定。
 片手運転に若干危険を感じ、両手放しはたぶん無理。(しないけど)
・逆に、タイヤ径が小さく重心が低くでき、小回りが利くので
 チャリ乗った状態での超スロー走行 or 疑似停止がしやすい。
・鍵やライトはついてないので別途つける必要あり。

 
値段に対してはほぼ満足。デザインも良いし。
ケツ痛いのは何かサドルにアタッチメント足せばいいし。
問題は耐性くらいか。これはメンテナンス次第だな。
たぶん防錆コーティング処理は必須だと思われる。
あとは、パンク修理は20インチというサイズだし自分で
チューブ買ってできるようにしといたほうがいいのかなぁ。
この手のミニサイクル一時期流行った後だから
いまどきなら店でもやってもらえるんかなー。

もう1台買って、東京の区でやってる駐輪場に置いて
東京散歩の際の足にしようかなんていま妄想中。

銭湯なんてまだあったのか

銭湯なんてまだあったのか

Comments are closed.