7月 06

四畳半は全11話一応ほぼリアルタイムで見たな。
トータルでは楽しめました。

んが、最後の最後で1つだけ大きく残念だったのが
「私」の心変わりで、小津の顔が変わってしまった点。
最終話だけでなく途中話にも顔が変わってた小津はいたけども。

無限の四畳半の中の各々の「私」は四畳半迷路にさまよう
「私」よりはマシだったけど、好機はつかんでいない。
結果、無限の可能性(逃げ道)を探したあまり迷路をさまようことに。
そして堂々巡りのあげく最後に目の前にぶら下がる好機を掴んだ。
脱出後、明石さんではなくまず小津を選んだ。
※コインランドリーのパンツともちグマ入れ替え犯人?過去話見直します…

 
 
ここまではかなりよかった。
けど、何で小津の顔を変えちゃったかなぁ…。
原作がそういう表現してたら仕方ないんだけども。

「私」の心変わりで小津の顔が変わってしまったということは
どこまでも「私」の見た世界でしかなくなり、あれだけ求めたかつての
悪友小津という”他者”が「私」を写す鏡、道具でしかなかったことになっちゃう。
小津というキャラクターがあそこで死んでしまった。
他者の存在がひどくないがしろにされてしまった感じがした。

せっかくの小津親友ENDだったのに色褪せてしまった。
親友認識した小津すら「私」の救済・補完計画のための、
作品のメッセージのための道具でしかないように見えた。
他者を認識し、自覚し、己を知るがテーマだったのに。
「私」にとって小津を”損得計算しなおしたら”、充実したキャンパスライフ送らせて
もらってた唯一の親友だったらしいので顔が正しく普通に見えてきました、に見える。
大分勝手だ。自分に都合がよくなったら綺麗に、普通に見えるってのも1つの偏見だ。

他者ってもっと確固たる存在としてあると思うんだけどなぁ。
小津はその役目を担えたはずなのに。親友ENDであるなら
「私」と存在感が対等であって欲しかった。

 
それとも一回転して、人は偏見でしか物を見れないと言いたかったんだろうか?
人は他人を自分のフィルター通してしか絶対的に認識できない。
良い意味でも悪い意味でも。その人自身じゃないわけで。
何考えてるか100%相手のことが分かるわけはない。

だから、想像し(つまり都合のいいように)解釈するほかない・・・究極そうなんだろうけど
仮に、そのメッセージを携えての小津親友ENDってのも意味わからないしなぁ。
親友すら自分に都合のいいものでしかないというメッセージになってしまう。

 
 
ただ、これもそう複雑に考えず、単純に、肯定的に捉えれば、
最後病室で「私」の顔が小津となり立場が入れ替わったように、
無限ではない「目の前にぶら下がる”たった1つの好機”」をつかめば
「私」はあの恋愛馬鹿の小津にもなれるという表現だったわけだ。
簡単にいえば、”変われる”というメッセージだった。
そこで「私」が小津顔になったことを強調するためにも小津は別顔が必要だった。

でも、その狙いは分かるんだけど
そこで得られた効果以上に、ひどく自分には逆効果に見えた。
アニメーションは何でもありだけど、それをやっちゃあお終いよレベルだった。
小津は、あの宇宙人顔・妖怪顔のままで隠し続けてきた
自身の恋愛ネタを暴露されて困ってこそ本質が見えた気がする。
人の違う一面が見えても、外見は変わらないほうが印象としてリアルだ。
そのほうが相手の心をちゃんと見れた気がする。

もし「私」が小津にもなれる可能性を表現するなら
最後、病室で顔を突き合わせたときだけ、両者の顔入れ
替えるだけでも表現できた気がするのに。
え?あれ?っと見間違えるかくらいのコマ数で。

ほんと惜しかったなぁ。

そもそも、小津とのファーストコンタクトの時点で、
(1話より前にも無限のコンタクトがあったのかもしれないが…)
小津に対して何の情報もなかった時点であの宇宙人顔だったんだから
あのクリーン顔がやっぱり最後に来るのはどうみてもおかしい。

※周りの外聞・噂ですでに小津への色眼鏡をつけてからの
ファーストコンタクトだったからかも?

Comments are closed.