8月 23

レイトショーで観てきた。
おやすみプンプンで始まり中学生日記で終わる映画です。
そして、簡単にひとことふたことだけ。

アニメーションという多分に嘘を料理するメディアで
こういうレベルのこと言っちゃいけないと思うな。
というか、こういう題材を安易に扱うのは逆に危ない。

いや。安易なんてトンデモナイ話で作り手は大マジで
作ってるのかもしれない。でも、だとしたら余計に危ない。
「所詮これはアニメである」という根底の嘘を
作り手がすっかり忘れているように感じた。危ナイヨ。

 
 
 
# 2010.08.24追記 ※ネタバレ含みます

昨日の伊集院ラジオさっき聴いてたらカラフル見たらしく
あまり面白くないという感想とともに(ちなみにアリエッティは「普通」)
まんま自分と同じように”中学生日記”に例えていたな(笑)
あそこまで緻密にリアルに動かすならドラマの中学生日記でいいじゃん、と。
全く自分もそのとおりの感想。

90年代末に語られたようなテーマを、今の時代に、
しかも嘘まみれなアニメでやってるから上で危ないと評した。
自殺はダメなんて、嘘まみれ設定(前の自殺へ辿った自分を忘れ、もう一度自分をやり直す)
のアニメで言ったら、いま絶望の淵に立ってる学生の背中を押すだけだよ。
「所詮アニメの話だろ・・・」って思われて。

大マジで救いたいのかもしれないけど作り手は。
アニメにそこまでの力はない。あったとしても方法論変えないと無理だ。
アニメにはその力があると作り手は思いっきり勘違いしてて
アニメが大嘘メディアの代名詞だってこと忘れてしまってる感じ。
最終的なメッセージ性ために、都合いい設定並べてそこに導くのが
アニメなのに、それ忘れてよくこんなこと言えたなって感じ。

アニメ見てられるなんて相当お気楽な精神状態だよ。
いま学生で学校で悩んで明日にも自殺考えてる人間が見たらどう見えるか。
分析視点で「これも”1つのアニメの考え方”かぁ…」なんて見方してる余裕はないはず。
作り手の労働は死ぬほど凄まじく、アニメもリアルなのかもしれないけど。
けど作り手の都合と客の都合はイコールじゃない。

 
 
原監督がどの程度の絶望を体験してきたのか自分は知らないけども。
カラフル見た感じ、たいして知らないんじゃないかな。
映画いまを生きるのニールの親父が頭に浮かんだよ。
絶望を理解してるつもりで理解していないこの映画の感触には。

おかげで久しぶりにいまを生きるのVHSを掘り起こしていまさっき見返したけど。
こっちのほうがよっぽどオススメだね絶望学生には。
もしかしたらニールのようになってしまうかもしれないけど、
その前にもう一度挑戦できる力は得られるはず。

Comments are closed.