1月 30

P.50
「仕事が終わったとき、オリジナルはもうサーバーの上、ヴァーチャルな奥行きと、幅と、高さの次元にしか存在しない。ときどきこう思うよ。たとえサーバーが壊れて、ぼくのモデルがそれといっしょに消えても、その空間はまだ存在する。すくなくとも数学的な可能性としてはね。そして、われわれが住んでいる空間も…」 彼は眉をひそめた。

Comments are closed.