2月 07

を読んだ。

 
宇宙開発競争していた冷戦時代のアメリカを青い芝・対比として、
旧ソ連側の話をベースに、SF・文学的着想を練り込みつつ
当時の政治・情勢も孕んだ自虐的風刺作品になってる。
歴史事実でもそうなように、旧ソ連はアメリカに宇宙開発競争も負けた。
ラストは史実同様の着地をする。文体はかなり鋭い。

敵であるアメリカ・西側資本主義に憧憬を持ちながらも
東側のイデオロギーに縛られる旧ソ連のKGBと科学者が
シベリアのネイティブ原住民のとあるドラッグ(これまた強烈な)で
トリップするシーンなんて、もう皮肉の極地(笑

ちょうどその頃のアメリカではヒッピー文化やら
ニューエイジのドラッグ文化が芽吹いてる頃だったはず。
自然へ帰れ的な精神運動の流れも、そこにあったように思う。

 
やっぱりブルース・スターリングは、用意周到に
物語の中の構図や対立構造、駒の配置を考えて作り上げてる。

それは一般的なドラマを押し進めるためだけに用意された対立構造や
勢力図としての駒ではなく、その構造・構図を用意していること自体に
何かメッセージ性を含ませてる。メタ的というんだろうか。

スキズマトリックスでも、これはそうだった。
物語の中で展開される多様な存在、それらの関わり・構図自体が
作品のメインテーマ・メッセージ性を孕んでいた。
キャラがこうこう言った・最終的にこう考えたとかは
二の次のメッセージでしかない。

一般的な文学作品は、人間が主体なので大方後者で落ち着くけど
SFはキャラはサブシステムでしかなく、その進んだ世界そのものがメイン。
科学や人間社会が発達した世界において、人はどう変化するのか?
社会はどう変化するのか?といった思考実験をやってるようなものなので
キャラ・人間は、その進んだ世界を読者に紹介・伝達するための装置でしかない。
なので、こういう構図や世界観設計自体が、何かを物語る手法はよく合う。

 
共産主義のイデオロギーに縛られながらも
アメリカ西側資本主義の幸福への憧憬が残り続ける
旧ソ連の人間がドラッグでトリップしてクライマックスへ雪崩れ込む…
もう突き抜けすぎている(笑

読後の、見たことのない別の地平に連れてかれたような
何か清々しい風が吹いてるような感じは、いいSFの証。
短編ながらいい充足感があった。

が、ちょっと玄人向けなので、SFとか
文学的エクストリーム表現に慣れてない人には
嫌悪するような内容かもしれない。

個人的にはSFとしても、文学としても
かなりの完成度の作品だった。

 
 
 
・・・と読後まとめメモ。

最近、年数経ると、読んだ作品の
どこに感銘うけたか忘れてることが多い。。
読みなおす必要なくすために、ブログメモ。
あとで検索しやすいし。

Comments are closed.