12月 28

久しぶりに北米アカウントでPS3のショップ入ったら
興味のあった海外ゲームの体験版があったのでプレイしてみた。
動画は他人が同じデモプレイしたもの。

ダンテの神曲の地獄を世界観として表現したゲーム。
死ぬとその地獄篇?の一節が英文で出てくるようだけど
まるで理解できない(笑 というか切り替えが早くて文字追えない。

ダークファンタジーとして雰囲気も良い感じなんだけど
視点がステージ座標系のDevilMayCry方式だな…。
空間毎にカメラ位置がレールに乗ってるように固定される。
この手の視点固定系でさらに無双系のゲームは好きじゃない。
発売しても買わなそうだな。




12月 26

The Elder Scrolls IV: オブリビオン Game of the Year Edition.

1年発売延期してたものが来年春出るようだ。
が、追加ディスク版は開発頓挫し完全版ディスクのみリリース。
旧データとのセーブデータ互換性もないので完全買い直し。
噂によればアイテム増殖バグも直されてるかもしれないとか(未確定情報)。
あのバグはクリア後のお楽しみ技だったのに。2倍世界を楽しめるのに。

オブリビオンのゲーム世界はすごい。
超長距離で弓矢攻撃してちゃんと当たった時には感動した。
敵はもはや画面にレンダリングすらされない距離なんだけどちゃんと当たる。

やっぱりゲームは自由度が高くないとおもしろくない。
映像が綺麗なだけの1本道のレールプレイングゲームなんてもはや退化ですよね~。




12月 16

ひさしぶりに空の旅をした。
買ってから積んでたiPhone/touchのフライト系ゲームGlyder。
一度やり始めるとぼーっとやっちゃうんだよなぁこれが。

前に見えてる矢印は上昇気流のマーク

前に見えてる矢印は上昇気流のマーク

そして雲の上へ

上昇気流に乗り雲の上へ

再び地上へ急降下

再び地上を目指し急降下




10月 22

メガテンSJまだ2周目に入れない。
魔人がコンプできない。全然出てこない。

そんなこんなで別のことしようと、予定していた仕込みを半分完了した。
プレイしてる人向けに呼び出しパスワードおいときます。
チャイナドレスにエメラルド・グリーンの瞳がキュートなあの子です。
Lv58でコストは13万とか14万マッカくらいだったはず。
バランスブレーカーなので攻略に使ったらおもしろくなくなります。
────────────────
AうわすNあえあろもおBBめLち
きNPいよつはKはNかあETろお
────────────────

 
 
以下、ストーリー総括。ネタバレ注意。

今回の物語全体を眺めると2001年宇宙への旅の終わり、3001年終局への旅(小説)だな。
アーサーはHAL9000だし。ゴアはモノリスに取り込まれたデイビット・ボーマンだ。

シュバルツ・バースを核打ち込んで壊そうとするのはスター・チャイルドに
脅威を感じた人間が核打ち込んでぶっ壊そうとするのと似ているし。
人類がその好奇心と欲求を満たすために、誤った方向に行きだしたから
モノリスおよびその上位存在が人類を滅ぼすことを決定するという大枠も似ている。

しかし、そこを人間の側に立って救うのが、モノリスに取り込まれたことで
上位存在へのアクセス権を手に入れたデイビット・ボーマンのわずかに残った人格。
つまりは、それは女神に取り込まれながら人間としての人格を取り戻したゴアだ。

かつて初期宗教では豊饒神として女神・大地母神は人類の信仰対象だった。
しかしユダヤ・キリスト教が広がると同時に父性神に信仰対象は取って代わられ
女神は異教の神として悪魔化された。その歴史受けた上で、その自然の象徴である
女神たちが、自分たち(自然)を忘れ蝕む人類を駆逐しようとシュバルツバース
とともに現れたというのが今回の話だな。
モノリス勢はメガテン的にいえば究極のLaw的な存在で、
今回Caosを象徴する女神たちとは真逆の違いがあるけど。

そういう実際の現実の神話・人類史の背景をうけて
真・女神転生の世界は成り立ってるからおもしろい。
今回、女神が荒々しい存在なのはまさに自然の荒々しさの象徴だな。

 
ということで、話をアーサー・C・クラークに戻すと
これは2周目の主人公の名前はフランク・プールで決まりだ。
でも、2周目はLルートでいこうと思ってるからちょっと微妙…(。-_-。)
今回、最後にNやるのが一番ベストなルートだったなぁ。
解禁悪魔もLとCに集中してるし。

どうなるのか!?

どうなるのか!?

ジハードに変化した

ジハードに変化した

地霊カハク

地霊カハク

※キャプチャ時期がばらけてるのでLvに違いあり




10月 17

この1週間ちょい仕事とゲームしまくっていた。
仕事は昨日で一段落。

 
 
以下、真・女神転生STRANGE JOURNEY プレイ感想。
たったいま○○ー○○まで攻略。(完全ネタバレ防止
終盤だけどまだクリアできてない。
ニュートラルルートを突っ切り中。
今回もしかしてニュートラルって旨味少ない…?

ここまでのボスだと今回の○○ー○○が一番苦労したな。
何度殺されたことか…。ボスLvより主人公Lv低いとまぁひどいもんです。
ラスタキャンディとランダマイザが必須。ランダマイザなければ雄叫び。
これ掛けないと物理か雷属性攻撃で500~700食らって即死。

 
そして、さらにひどいかったのは
ここにきてやっと対ボス戦用に仕込みらしい仕込みが
必要になってきたなぁと思ってランダマイザ持ちなど
悪魔全書から素材悪魔見繕うとしたら…
これまでのスキル継承してカスタマイズしてきた
全悪魔を登録していないことが判明!!ひどい!笑

合体と登録・閲覧のコマンドが分かれてたから、これまで手動で
登録作業することに気づかないでずっとここまでやってきた…orz
自動で登録されてるのかなぁと思い込んでやっていた。

でも、助かったのはデビルソースは序盤お試しで使ったのみで、
ほとんど使わず貯め込んでいたのは不幸中の幸い。
2度ソース出させるのは大変だと説明されてから、
クリア後に悪魔仕込みするとき用に残していた。
ソース適用してた上で、その悪魔登録してなかったらもう投げ出してたな(笑

そんなこんなで手詰まりになり、しょーがねーLvあげるか、と
主人公LvをボスLv+3くらいにしたところで、たまたまスキル変化で
電撃無効を持ったガネーシャが出来上がったので、
それで挑んだら拍子抜けするくらい弱くなって無事攻略。
他は雄叫びとかラスタキャンディ持ったもので補助していけばおk。
ラクンダ持ってるのとかいるとかなり楽。ピシャーチャとか。
 
 
 
にしても、今回はちょっと冗長な感じがするな。プレイ印象として。
中盤にきてやっとストーリー的にはおもしろくなるんだけど、
そこまで、まーたるい作業が続く。序盤のイベントはだいたいが
緊急事態発生!ばかりでひねりがないし。もう緊急なのが常で緊急じゃない感じ(笑
そして、ゲームとしてはひたすらただのダンジョン闊歩ゲーになってる。
街を移動するようなフィールド移動がないから非常に世界が狭い感じがする。

 
今回DSだけど、DSからゲーム入りましたみたいな
ライトユーザーはこのたるい作業は絶対無理でしょう。
世界観が世界観だけに、まー説明テキストもやたら多いし。
はっきりいって作業進捗感は据え置きと変わらないし。
下手したら据え置きより作業コストに対する報酬成果が悪いかもしれない。

たとえば電車でやるにしても20分やそこらで
何か一区切りできる成果が出るような作りじゃない。
やめどきがわからない、って言うけどおもしろいからというより、
そういう短い時間じゃまともな成果らしい成果が得られないゆえ
やめどきがわからなくなってる感じ。
2、3時間つかってやっと1つ進みましたくらいだ。
20分じゃダンジョン1フロア全景表示させるために歩き回って終わりくらいか。
そこで終わるとすごい疲労感しか残らないのでやめられないだけで。

また、具体的な不満点では、フォルマ解析後の貯め時間がいらない。
何拾ったか見過ごさないように1秒くらい固めてるんだろうけどもう邪魔。
重要な進行に関わるレアフォルマだけそうすればいいのに。

 
 
ラブプラス?何ですか、それ?
俺のラブプラスはメガテンですよ???
くらいの悪魔萌え素養がないとはっきりいって初心者お断りな感じだな。
ストーリーは終盤までやってきておもしろいと思うけど。
今回はキャラの心の遷移も結構細かく描かれてて人格変わってる感じも少ないし。
ただ、やっぱり掛ける作業に対するコスパが一般的なゲームに比べるとちょっと悪い。
悪魔萌えができれば、その差を埋められるだけで。
つまり従来ユーザーならまぁいけるんだろうけど。

だいたいボスよりそのフロアにいる雑魚敵のが煩わしいスキルとか属性所持してるし(笑
後半はそのバランスも変わってくるけど中盤終わりくらいまでそんな感じだったな。
けど、その分、悪魔カスタマイズはデビルソースあるしかなりやり込めそう。
ピクシーとかアリスとかまぁいつものごとく鍛えてる人いるんだろう。
人と同じじゃつまらないから自分は別の仕込むけど。
あとは、悪魔会話は結構細かく作り込まれてておもしろい。

 
以下、そんな悪魔会話の中で今回笑ったもの。
“悪魔と人間の女どっちがいい?”の問いに
人間の女、と答えたときの悪魔の回答。

妖鬼キンキさんの憂鬱

妖鬼キンキさんの憂鬱

妖鬼キンキさんの憂鬱

妖鬼キンキさんの憂鬱